FAQよくあるご質問

お客様からよせられた よくある質問をご紹介いたします。

何個から製作可能ですか?

1個から製作可能です。UVインクジェットプリンタとカッティングマシンによる製造になります。

重いものを展示しても大丈夫ですか?

硬質エコボードは丈夫な素材なので、構造や設計次第で車を展示できるようなブースを設営することも可能です。

耐水性はありますか?

長期間の屋外使用はおすすめできませんが、短期間のイベントやキャンペーンでは問題ないと思います。いずれの場合でも雨の中では使用できません。

硬質エコボードの厚みとサイズはどれくらいありますか?

主に使われる厚みは5mm、8mm、16mmの3種類があります。サイズはボードの厚みによっても異なりますが、幅1520~1600mm、長さ2200~3200mmの間になります。

硬質エコボードはリサイクルは可能ですか?

表面に特殊な加工がない場合は、一般的な紙·段ボールと同様にリサイクルが可能です。使用した後に破棄する際にも手間がかかりません。

急なイベントで什器が必要ですが納期はどれくらいですか?

通常のオーダーメイドですと、打ち合わせから構造設計等全てオリジナルの作業になるため、各工程段階を経て作り上げますが、弊社が事前に用意している既成の什器テンプレートで、企業ロゴだけなどシンプルなデザインでしたら短納期でも対応可能です。納期に関してはお客様のご要望に応じて調整いたしますので、まずはご相談下さい。

木製什器の設計で硬質エコボードの什器は作れますか?

木工用の設計をそのままを使用することは出来ません。硬質エコボードは構造上、専用設計が必要です。

入稿データは立体の知識がなくても作れますか?

ご注文後、弊社より展開図のデータ(Illustrator)を送りますので、版下データをお客様の方でお作りいただき完全データで入稿をお願いします。最終的に弊社にて微調整を行います。

専門知識がなくてもオーダーはできますか?

まずはつくりたいイメージやご利用になられる場所などをご連絡下さい。ヒアリング、お見積、入稿から製作に関すること、お支払いについて、丁寧にご説明いたします。

段ボール什器と硬質エコボード什器との違いやメリットは?

通常の段ボール什器と違い、硬質エコボード什器はディスプレイ用に開発された専用資材を用いた強度のあるものです。大量生産できる段ボール什器と比べると、小ロット生産に適した硬質エコボード什器はイニシャルコストは多少必要ですが、耐久性、デザイン性に優れ、組み付け部の精度が高く丈夫で、すぐに壊れたり、外れたりしない点がメリットです。