メールマガジン

【その方法で大丈夫?】セキュリティ面で安全なファイル送信方法とは?

2021.6.4

近年、テレワークの活用やオフィスの分散化などによって、データのやり取りの回数が増えてきました。また、送付するデータ容量自体も増加しており、送信方法で課題を感じている担当者様もいらっしゃるのではないでしょうか?

昨年末、内閣府と内閣官房がパスワード付きzipファイルを送信する方式を廃止したことで話題になりました。セキュリティ対策や受け取る側の利便性の部分で適切なものではないと判断されたようです。
従来の電子メールによる送信方法では、セキュリティだけではなく、ファイルのサイズ制限、ヒューマンエラーによる誤送信などの問題もありました。

【自動暗号化ZIPファイルの廃止に関する参考記事】
 出典:「 平井内閣府特命担当大臣記者会見要旨」(内閣府ホームページ)

他にもデータを送信できる方法として、無料のデータ送信サービスがあります。誰でも手軽に利用できるので便利ですが、情報漏洩やウイルス感染などトラブルの話題もよく耳にし、セキュリティ面でどうしても不安が残ってしまいます。

さらに、無料であるがゆえ、ページ上に多くの広告が掲載されています。そのため、受け取るファイルのダウンロードボタンがわかりづらかったり、違うボタンを押してしまい、予期せぬダウンロードが始まってしまったりなど、送った相手にも思わぬ迷惑がかかってしまう可能性があります。

ビジネスシーンで社内資料や個人情報といった機密性の高い情報の受け渡しに利用するツールには、ファイルの暗号化やダウンロード制限、ログ管理、権限付与などのセキュリティ機能が備わっているものはもちろん、広告表示がなく、操作がわかりやすい法人向けのファイル送信サービスをおすすめします。

有料のサービスにはなりますが、様々なトラブルのリスクを考えると、セキュリティに対するしっかりとした対策は必要になります。
機能や価格はサービスによって異なりますので、事業規模や社内の運用ルールに合わせて選択するのが大切です。

川嶋印刷でも、セキュリティや管理機能が充実したファイル送信サービス『GIGAメール』をご提案することが可能です!
2021年6月7日より、キャンペーンも実施されますので、ぜひご覧ください。

川嶋印刷はFacebook でも情報を発信しております。例えば、地元岩手を中心とした様々な企業さんの新しい取り組みや、おすすめの商品紹介など。今まで知らなかった新しい魅力を発信して参りますので、ぜひご覧ください!

▽メルマガ登録フォームはこちらから▽

メールマガジン トップへ戻る